« 一瞬の「いま」を | トップページ | 森を閉める歌 »

指輪の呪文の歌

ころがれころがれ指輪よ
ころがれころがれ指輪
春の玄関口へ
夏の軒端へ
秋の高殿へ
冬の絨毯の上を
新しい年の焚き火をさして

物語の鍵となる指輪の歌です。

|

« 一瞬の「いま」を | トップページ | 森を閉める歌 »

さくら・さくらんぼのリズムとうた」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 指輪の呪文の歌:

« 一瞬の「いま」を | トップページ | 森を閉める歌 »